大志接骨院 スポーツ外傷
スポーツ外傷へのアドバイス
◇ 捻挫・打撲をしたときは

まずはRICE 処置をします。


RICE とは、

安静(REST)、冷却(ICE)、圧迫(COMPRESSION)、挙上(ELEVATION)

の4つの処置の事です。

RICE処置は、外傷の際の基本なので覚えておいて下さい。

RICE 処置

 受傷部位の悪化を防ぎます。動かさないようにします。


 受傷部位の痛みを軽減させ、出血を抑えます。

 受傷後15 分~ 20 分ほど氷で患部を冷やします。
 氷がない場合は流水でもOKです。


 受傷部位の腫れを防ぎます。氷が無くても、包帯を巻き圧迫します。

 きつく巻き過ぎないように注意してください。


 受傷部位の出血を抑え、腫れを抑えます。患部を心臓より高い位置にします。

  捻挫・打撲をしたときは、まずこのRICE 処置をすぐ行ってください。

◇ 突き指をしたときは

 無理に引っ張ったりせず、まずはアイシングをします。

 脱臼や骨折をしている場合もありますので、自己判断せず、ご来院下さい。

◇ 足首を捻挫したときは

 スポーツ中のいちばん多いケガは足首の捻挫です。

 基本はRICE 処置を行います。患部の腫れを抑え、痛みを軽減します。

◇ 肉離れをしたときは

 RICE 処置を行ってから、ご来院下さい。

 そのまま運動を続けると、悪化させてしまいますので、気をつけて下さい。

◇ 野球・テニスで肘が痛いときは

 一般的に野球肘・テニス肘と呼ばれる症状です。

 痛みを我慢、放置したまま練習を続けると、症状を悪化させてしまいます。

 早期に治療を開始しないと、関節の変形につながり、とても危険です。

◇ 骨折をして、病院の治療が終わったときは

 ギブスが外れて、リハビリをして下さいと言われたら、当院にご相談下さい。

 適切なリハビリを行うことで、回復を早めることが出来ます。

オスグット(成長痛)になったときは

小中学生の男子に多くみられる、膝下が腫れて痛くなる症状のことです。

骨の成長に筋肉の伸びが間に合わず、バランスが崩れることで発症します。

治療を行うことで、痛みを和らげ、症状の進行を抑えることができます。

成長痛だからといって放置せず、一度ご相談下さい。